便利なキッチンアイテム

【レビュー】オシャレなラップケースを購入しました(ideaco wrap holder)

嫁からの要望で、ラップケースを購入しました!

「ラップケースなんて購入する必要あるの?」

なんて旦那さんの声が聞こえてきそうですが

十分ありました!

 

今回は家で使っているラップケースについてのレビュー記事です。

嫁から好評だったので書いてみました。

購入検討中の方はぜひ見ていってください。

こんな方におすすめ

  • ラップケースを購入検討中の方
  • キッチンをオシャレにしたい方

購入したのはイデアコのラップホルダー

イデアコのラップホルダーを30cmと22cmを購入しました。

それでは基本情報から。

参考価格 22cm:1,980円・30cm:2,530円
対応ロールサイズ(22cm) 直径4.3cm×幅22cmまでのラップ・アルミホイル・クッキングシート
対応ロールサイズ(30cm) 直径4.3cm×幅30cmまでのラップ・アルミホイル・クッキングシート
素材 ABS樹脂・ステンレス・マグネット
重さ 22cm:135約g・30cm:約230g
カラー ブラック・ホワイト・グレー

※参考価格はyahooショッピングより

実際に購入したのはこちら。

黒が30cmでアルミホイル。

白が22cmでラップ入れてます。

2つとも冷蔵庫に貼り付けて使ってます。

実際に使ってみて良かった点は?

良かった点

  • 生活感の出やすいキッチンがオシャレに変身
  • 冷蔵庫の曲面にも対応できる背面マグネット
  • 刃はステンレス製で切れ味も十分
  • ラップの巻き戻り防止シールが便利

買う時はサーッと商品情報と写真を確認してポチっと購入。

でも実際に使ってみるとまさかの工夫があって驚きました…

メーカーさんの細かい気遣いを感じ、買って良かったと思える商品でした。

それでは紹介していきます。

 

生活感の出やすいキッチンがオシャレに変身

出典元:Amazon.co.jp

キッチンって生活感が出やすいですよね。

でもこのラップケースを使えばシンプルなデザインでとっても落ち着いた雰囲気になります。

僕自身あまり気にしていませんでしたが、実際にラップケースを使うと確かに落ち着いた雰囲気になって良いと思いました。

我が家ではこんな感じです。

全体的にシンプルなデザインで統一してます。

生活感をあまり感じないので良いですよね。

 

 

冷蔵庫の曲面にも対応できる背面マグネット

冷蔵庫正面は曲面になっていることが意外と多いです。

そういった場合、マグネットの取り付けが少し弱くなることを懸念する方もいると思います。

でも安心してください。

30cmのラップケースには曲面にもしっかり取り付くよう工夫がされています!

それがこちら。

マグネットの取付部端部に切り込みが入っており、曲面に沿うようになっています。

実際に取り付けて上から見ると分かります。

マグネット全面がくっつくのでとっても安定します。

この工夫にはとても感心しました。

 

ちなみに22cmの方はマグネット取り付け部に切り込みは入っていません。

ですが長さが短い分、問題なく安定して取り付けられました。

細かいところまで気遣いがされていて好感度上がりました。

 

 

 

刃はステンレス製で切れ味も十分

もちろんケースには市販のラップ同様に刃が付いています。

この刃はステンレス製で錆びにくくて耐久性はバッチリ

また切れ味も十分で使いやすいです。

 

 

ラップの巻き戻り防止シールが便利

安いラップだと片付けたときに少し巻き戻って切れ端が分からなくなることありませんか?

でもイデアコのラップケースには巻き戻り防止シールが付いています。

このシールが滑り止めとなりラップの切れ端がピタッとつくので巻き戻りを防止してくれます。

このケースを買えばもうラップの切れ端探しをすることは無くなるかも!

 

 

 

注意する点は?

次の点に注意しましょう。

  • 普段使用しているラップ等のサイズを確認して購入しよう
  • ラップ少量時は、引っ張った際にケースから飛び出すことも・・・

普段使用しているラップ等のサイズを確認して購入しよう

基本的にラップだけでなく、アルミホイルやクッキングシートにも使用可能です。

ただしサイズに注意が必要です。

ラップとアルミホイル・クッキングシートは幅のサイズ展開が異なっています。

  • ラップケース:22cm・30cm
  • ラップ:22・30cm
  • アルミホイル:20・25・30cm
  • クッキングシート:25cm・30cm・33cm

ケース側はラップに合わせて作られているため、アルミホイルとクッキングシートのジャストサイズは30cmのみとなります。

調べてみると『アルミホイルケース』っていう商品は無く、アルミホイルやクッキングシートはラップケースに入れて使うのが一般的みたいです。

 

20cmのアルミホイルを使っている方は22cmのケースになるので2cmの隙間。

2cmくらいであればそんなに気にならないと思います。

我が家では25cmのアルミホイルを使っていたので30cmのケースを購入。

なので隙間が5cmできちゃいました。

使う分には問題なく使えているので大丈夫です。

少し気になりますが…

このまま使う予定ですが、もしかしたらアルミホイルを30cmに変更するかもです。

落とし蓋とか作るの楽そうですし。

今のところはゆっくり様子を見ていこうと思います。

 

 

ラップ少量時は、引っ張った際にケースから飛び出すことも・・・

使っていて気づいたんですが。

ラップをどんどん使っていくと

  • ラップとケースに隙間ができる。
  • ラップ本体が軽くなる。

するとラップ使用時にケースからピョンと飛び出しちゃうことが・・・

今までクレラップをそのまま使っていたのですが、それと比較すると少し飛び出しやすい印象です。

嫁さんも僕と同じようにラップが飛び出していました。

 

ということで、ラップが少量になったときは工夫しましょう。

本体が飛び出さないようカバーしつつ引っ張ってください。

こんな感じ↓

こうすればラップがピョンと飛び出すこともありません。

普通のラップでも引っ張って出てきちゃう時はこうやってますよね。

工夫というほどでもないんですが、気を付けて使ってくださいね。

 

 

ラップケースで気分が上がる♪ぜひ使ってみて!

このラップケースは次の点でとってもオススメです♪

  • 生活感の出やすいキッチンがオシャレに変身
  • 冷蔵庫の曲面にも対応できる背面マグネット
  • 刃はステンレス製で切れ味も十分
  • ラップの巻き戻り防止シールが便利

嫁から欲しいと言われて僕は購入しましたが、正直

(コレ、いるのかなあ・・・?)

なんて思ってました。

でも使ってみるとキッチンの雰囲気が良くなるし使い勝手も良かったので結構気に入ってます。

僕と同じように考える旦那さんも多いかもしれませんが、奥さんきっと喜ぶと思います。

皆さんもぜひ使ってみてください。

 

以上!

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-便利なキッチンアイテム
-

© 2021 なおのひとまなびブログ Powered by AFFINGER5