料理のマメ知識

【スキレット】サビの取り方と正しい手入れ方法について

先日スキレットを100均で購入しました。(価格は500円)

早速アヒージョを楽しんでいたんですが、2週間くらいでサビてしまいました。

なぜ?と思い調べてみると、手入れ方法を思いっきり間違えてました。。

今回はご家庭向けに簡単なスキレットのサビの取り方、予防方法、正しい手入れ方法についてご紹介します。

購入して間もなく「スキレットを錆びさせてしまった」という方はぜひ見てください。

この記事で分かること

  • スキレットのサビの落とし方
  • サビの予防方法について
  • サビの原因
  • スキレットの正しい手入れ方法

スキレットのサビの落とし方

スキレットのサビを落とすときは、次の3つのどれかを試してみてください。

サビの落とし方

  • タワシで擦る
  • サビている部分を炭化させ擦る
  • スキレットに水を入れて加熱する

それでは各方法について説明していきます。

タワシで擦る

タワシで擦って落としましょう

一番楽な方法です。

軽いサビであればこれで十分。

ちなみに僕は『がんこたわし』ですぐに落とすことができました。

スキレットに水を入れて加熱する

スキレットに水を入れて加熱しましょう。

しばらくすると、サビや汚れが浮いてきます。

浮いてきたら火を止めゆっくり冷ましましょう。

冷めたらタワシで擦って仕上げます。

ココに注意

急に水で冷やすとスキレットが割れる恐れがあります。ゆっくり冷ましてから洗ってください。

サビている部分を炭化させて擦る

サビている部分に直接火をかけ炭化させます。

バーナーが無い方はスキレットを持って直接ガスコンロに火に当てます。

この時、持ち手を直接持つと火傷してしまいます。

ペンチ等で持つようにしてください。

赤いサビが黒くなればOKです。

あとはゆっくり冷ましてタワシで擦りましょう。

サビがボロボロと落ちていくと思います。

最後に水で洗い流して完了です。

この方法は頑固なコゲつきにも使えますので、良かったらやってみてください。

以上がサビの落とし方となります。

サビを予防する方法『シーズニング』

サビを落とした後は必ず『シーズニング』を行ってください。

シーズニングとは

サビを予防する方法。

鉄に油を塗り加熱することで表面に酸化被膜を形成し、サビを防ぐ。

コゲつきにくさが格段に上がる。

やり方はとっても簡単。

step
1
熱して乾燥させる

スキレット表面の水分をしっかり拭き取り、弱火で熱します。

見た目で水分が飛んだらOKです。

step
2
油を塗る

全ての面に油を塗ってください。

最低限、表面を覆う程度に濡れたらOKです。

余分な油はキッチンペーパーでしっかり拭き取ってください。

ココに注意

油は食塩を含まないものにしましょう。
塩は腐食(サビ)を促進させてしまう効果があります。

step
3
弱火で5分

5分ほど熱し、油のテカリが無くなれば火を止めてください。

しばらく放置し熱を冷まして完了です。

終わってみて気になったのは、油のベタつきです。

そのまま片付けると汚れてしまうので、我が家では100均のプラケースにシートを敷いてスキレットを保管することにしました。

半日ほど置くと、油のベタベタが無くなっていました。

スキレット自体も艶があるのでコーティングに問題は無さそうです。

初めてのシーズニングでしたが、サビを落とす作業よりかなり楽で簡単でした。

サビを落とした後は必ずシーズニングをするようにしましょう。

シーズニングは最初が肝心と言われており、繰り返し行うとコーティングの厚みが増します。

こだわる人はこれを最初に3回~8回ほど行うそうです。

その方がサビ止め・コゲ付きにくさも良くなりますが、ご家庭で気軽に使う程度であれば1回でも良いと思います。

サビの原因

スキレットをサビさせてしまった方に質問です。

もしかして次の2つにあてはまりませんか?

  • シーズニングをしていない
  • スキレット使用後、食器用洗剤で洗っていた

スキレットを使う上では大事なことなんですが、知らないで使い始めてしまう人が多いんです。

ちなみに僕もそうでした。。

なぜこの2つがサビの原因になるか説明していきます。

シーズニングをしていない

スキレットは鉄製ですので、表面処理をしないとすぐサビてしまうんです。

シーズニングをしていないスキレットは間違いなくサビてしまいますので、必ず行ってください。

使用後に食器用洗剤はNG

使用後にお皿を洗う感覚で洗剤を使ってしまった人多いんじゃないでしょうか?

スキレットを初めて使う場合はサビ防止用の油が塗られていることがあり、洗剤を使う必要があります。

ですがシーズニングを行ったらそれ以降、食器用洗剤や重曹は基本的にNGです。

汚れと一緒にシーズニング後に形成したコーティングまで落としてしまうからです。

サビが発生しやすいだけでなく、コゲつきやすくなってしまいます。

スキレットは水かお湯で洗うのが基本です。

それでも洗剤で洗いたい方は、必ずシーズニングをしてください。

ココに注意

本格的に長年シーズニングをすれば、洗剤洗いでも簡単にコーティングは落ちないようです。
だからこそ使い始めは特に洗剤洗いを控えましょう。

スキレットの正しい手入れ方法

スキレットは正しく手入れを行えば、錆の発生を防ぎ長く使うことができます。

使用後は次の手順で手入れしてください。

  1. ゆっくり冷ましてから水洗い
  2. シーズニング

step
1
ゆっくり冷ましてからタワシで水洗い

熱々の状態で水に漬けて急冷させると割れてしまうことがあります。

スキレットは鋳鉄製なので、一般的な鉄と比較すると割れやすいです。

洗い方はサビ落としと同様で

  • タワシで擦る
  • スキレットに水を入れて加熱する
  • サビている部分を炭化させ擦る

の方法が良いかと思います。

step
2
シーズニング

シーズニングの手順は先ほど紹介した通り

  1. 熱して乾燥させる
  2. 全面に油を塗る
  3. 5分弱火で熱する

の手順でOKです。

気になるのは毎回このシーズニングをやらなければいけないのか?

結論、使用後は毎回やることをオススメします。

確かに数回シーズニングを怠った程度でサビが発生することはないかもしれません。

ですがシーズニングにはサビを予防すると同時にブラックポットを形成していく効果があります。

ポイント

  • 長年シーズニングを施したフライパンや鍋に見られる重厚な酸化鉄のコーティング。
  • 見た目は光るような漆黒でキレイ。
  • この状態になると油を敷かなくても食材がコゲつかない。

すぐにできるような代物では無いですが、ブラックポットができればとても便利で愛着の湧くものになると思います。

そのためにも使用後に毎回シーズニングすることをオススメします。

 

まとめ:正しく手入れしてスキレット料理を楽しもう!

今回のまとめです。

スキレットのサビの落とし方

  • タワシで擦る
  • サビている部分を炭化させ擦る
  • スキレットに水を入れて加熱する

サビを予防する方法『シーズニング』

  • 熱して乾燥させる
  • 油を塗る
  • 弱火で5分

サビの原因

  • シーズニングをしていない
  • スキレット使用後、食器用洗剤で洗っていた

スキレットの正しい手入れ方法

  • ゆっくり冷ましてからタワシで水洗い
  • シーズニング

オシャレで便利なスキレットですが、僕と同じように何も知らずにサビさせてしまった方多いんじゃないでしょうか?

今回はご家庭向けに簡単なスキレットの手入れ方法について紹介しました。

ちなみに僕はこの記事の内容を元から知っていたら、シーズニング不要のスキレットを買っていました(笑)

下記のスキレットはシーズニング不要とのことだったので、これから買う予定の方は参考にどうぞ。

 でも普段の手入れは何かしら必要だと思うので、商品の注意書きをよく確認して購入することをオススメします。

-料理のマメ知識
-, ,

© 2021 ひとまなびブログ Powered by AFFINGER5