便利なキッチンアイテム

【レビュー】ティファールのフライパン(8点セット)の使い勝手と耐久力をチェック(5カ月目)

先日フライパンのランキング記事を書いたんですが

1位に輝いたティファールのフライパン+鍋8点セットを購入しました!

今回は実際に使ってみてどうだったかを記事にしました。

フライパンをお探し中の方はぜひ見てってください。

こんな方におすすめ

  • ティファールのフライパンを購入検討中の方
  • 良いフライパンを探している方
  • このフライパンの耐久力をリアルに知りたい方

 

ティファール(フライパン・鍋8点セット)の基本情報

まずは前回のフライパンの記事から基本情報を簡単におさらいします。

参考価格 16,990円(yahoo!ショッピング)
フライパン直径/深さ フライパン①:22cm/径23.8・深さ4.6cm
フライパン②:26cm/径28・深さ4.6cm
フライパンの重さ フライパン①:710g
フライパン②:980g
素材 アルミニウム・ステンレス
対応熱源 ガス・IH
コーティング層数 6層
内訳 鍋2セット+フタ2セット+取っ手2つ

おすすめのポイント

  • 取っ手が着脱可能で収納性◎
  • 6層コーティングで耐久力は十分
  • 初心者に嬉しい『お知らせマーク』付き
  • 別売りで自立タイプのフタ有り

上記のおすすめポイントについては前回のランキング記事にまとめてあります。

気になる方はそちらを見てみてください。

人気で便利なフライパンを勝手にランキング3選

 

実際に購入したのがこちら

インジオネオという限定色でブラック寄りのブラウンです。

広告で紹介されていた写真と比較すると現物は色合いが暗め。

でもこっちの方が良い感じの色合いです。

 

実際に使ってみて良かった点

実際に使ってみて良かった点は

  • フライパンの6層コーティングの質感が良い
  • 取っ手が外せて収納性抜群
  • 取っ手の安定感
  • 料理に合わせて鍋orフライパンのサイズが選べる
  • 取っ手を外して鍋ごと冷蔵保存できる

結論言うと、買って正解でした。

それでは一つずつ良かったところを紹介していきます。

フライパンの6層コーティングの質感が良い

今まで持っていたティファールは4層コーティングでした。

今回は6層コーティング!

触ってみると質感がとっても良いです。

言葉じゃ伝わらないかもしれないので写真を載せときました。

メッチャ気に入ってます。

取っ手が外せて収納性抜群

ティファールと言えば取っ手が外せて収納性が抜群に良い!

僕は引っ越しを機にこのティファールを購入しました。

新居のキッチンが少し狭くて困っていましたが、ティファールは重ねて収納しやすいのでかなり助かってます。

生活感満載ですが、写真右下にあるのがフライパンと鍋。

左のカゴには取っ手とフタ入れてます。

逆に取っ手付きのフライパンだと収納できなかったかな?

とにかく狭いキッチンにはとってもオススメです。

取っ手の安定感

ティファールを使用したことが無い人は

その取っ手、使用中にグラついて取れたりしないの?

と思うかもしれません。

ティファール歴5年以上の嫁さんに聞いてみました。

取っ手に関する使用感としてはこんな感じだそうです。

  • 使用中に取っ手が外れてしまったことはない
  • しっかり固定されるのでかなり安定している

取っ手に関するグラつきですが、僕もそういったことはありませんでした。

 

逆になんですが・・・

取っ手着脱ボタンを押したときの動きが悪くなり、フライパンから取っ手が外せなくなることがあるようです。

そういった場合の外し方はYoutubeに挙げられていました。

困ったときは調べてみてください。

今回のセットには取っ手が2つ付いていますので、調子が悪くなってきたらもう一つと取り換えましょう。

料理に合わせて鍋orフライパンのサイズが選べる

料理のボリュームに合わせて使う鍋を選びたいですよね。

このティファールはサイズが異なる鍋・フライパンが合わせて4種類もあります。

その料理のボリュームに合わせて選べるので、快適に調理できます。

でかいフライパンしかないと洗い物が毎回面倒ですし。

この点は嫁さんからのポイントが意外と高かったです。

取っ手を外して食卓or鍋ごと冷蔵保存できる

取っ手を外せるので

  • そのまま食卓に持って行っても場所をとらない
  • 鍋ごと冷蔵保存できる

お皿に移し替える必要が無くなるので洗い物が減って楽になります。

これは嬉しいですね。

僕も洗い物嫌いなんですよね。

洗い物が苦手な方にはオススメです。

 

悪いところは?

使い勝手としては収納性も良くとっても便利です。

今は満足しているのですが、フライパンで気になるのはやっぱり耐久性ですよね。

こればかりは長く使っていかないと分かりませんね。

焦げ付きが気になる or コーティングが剥がれてきた場合はまたこの記事を更新したいと思います。

使用開始から2か月・5カ月後のコーティング状態をアップしました▼

耐久力チェック記録

フライパンの耐久力については、使っていかないと分からない!

ということで26cmのフライパンの写真を定期的にアップしていきます。

早速いってみましょう。

※追記(2021年5月)

5カ月目から22cmのフライパン・他の鍋の状態も載せていきます。

2か月後

ここにきてフライパン表面端っこの方に傷が発生してしまいました。。

写真上部の端っこのほうです。

何でこんなところに・・・!?

と思いましたが心あたりありました。

あの便利な取っ手です。

取っ手を付けたり外したりする時についてしまったんだと思います。

傷の状態をよく確認すると

  • 直径3mmくらい
  • 表面の色が擦れて少し落ちたような感じ?
  • ボロボロと剥がれていくような雰囲気はなし

といった状況。

一方、具材が載っかる部分は全くキズが見当たりません↓

ほぼほぼ毎日使っているのですが、これはスゴイ・・・

5カ月後

前回の写真から3カ月が経過。

この間、店のメニュー試作でこのフライパンが大活躍してくれました♪

(まあまあ酷使したかも・・・)

しかーし、ここで異変が!

洗ってもなかなか取れないコゲが出てきました。

お湯につけたり、重曹を使って頑張ったんですが少し残ってしまいました。

コゲとりの様子はまたブログにしますね。

よく見てみると表面の△の模様も中央以外は薄くなっています。

2か月前の状態と比較すると全然違いますが、コーティングはボロボロと剥がれてはいません。

今のところ調理中は使っていても食材がコゲつく等の支障は無いので、今後も確認していきます。

※補足

僕はこのフライパンを店のメニュー作りで一般家庭よりも多く・長く使っています。

ひょっとすると、一般的な家庭での使い方だと良好な状態を長く維持できるかもしれません。

その証拠に、セットで付いてきた22cmフライパンと比較すると・・・

左:22cm  右:26cm

その差は歴然!

22cmはまだ新品みたいな状態です。

それぞれの使用頻度は

  • 22cm:2~3回/日
  • 26cm:5~7回/日(連続使用も有り)

26cmの方は色んな料理を作るのに連続して使っていました。

その分、熱を持っている時間が長いので負荷が高いです。

対して22cmの方は単発で使用することほとんど。

5カ月が経った今でも購入時の状態とほぼ変わりません。

他2つの鍋は取っ手の着脱で縁に小さな傷はありますが、内面はキレイな状態を維持しています。

ご家庭で2~3回/日の頻度の使用するという方には、耐久力の面でもかなりオススメできるフライパンセットです。

フライパンは使用方法や洗い方によって寿命が変化します。

別記事で長持ちさせるコツについてまとめています。

良かったら見てください▼

フライパンのコーティングを長持ちさせるコツについて簡単解説

フライパン購入で悩んでいる方 是非ティファールを買ってみて!

僕が今回購入したフライパンは6層コーティングのフライパン+鍋のセットなので少々お高めですが

  • 耐久力
  • 収納性
  • 質感
  • 使いやすさ

の点で毎日快適に料理ができます。

安いフライパンだとこの4点を満足できるものはなかなかありません。

 

特に『収納性』

新居のキッチンが狭かったのですが、コンパクトに収納できとっても助かりました。

皆さんも良かったら使ってみてください。

 

以上!

ありがとうございました。

-便利なキッチンアイテム
-,

© 2021 なおのひとまなびブログ Powered by AFFINGER5