料理のマメ知識

【料理をする人へ】手・指を怪我した状態で料理は危険!黄色ブドウ球菌による食中毒が発生します!

意外と知られていないんじゃないでしょうか?

 

手・指の怪我から食中毒が発生すること

 

皆さんは知っていましたか?

僕は料理始めるまで知りませんでした。。

 

1人で食べるなら自業自得。

ですが家族や友人に料理を振舞っている方は

 

「知らなかった・・・」

 

ではダメだと思います。

特に小さいこどもや高齢者は、大人より少ない菌で食中毒に感染します。

 

料理初心者の僕ですが、食品衛生責任者の資格持ってます。

多少は説得力あると思います。

 

知らない方はこの記事を読んでみてください。

こんな人にオススメ

  • 料理初心者
  • 料理を普段されている人
  • 小さい子どもさん・高齢者に料理を振舞っている人

黄色ブドウ球菌食中毒について

手・指を怪我した状態で料理すると

黄色ブドウ球菌食中毒

という食中毒が発生する恐れがあります。

人が直接触って調理する場合に発生しやすいです。

主におにぎり・弁当・シュークリームなどが例として挙げられます。

症状

食後、約3時間ほどで発症します。

吐き気・嘔吐・激しい腹痛・下痢などの症状がみられるようです。

発熱は少ないとのこと。

とはいっても考えただけでキツそう・・・

症状の持続時間は1日~2日。

重症になると脱水症状を引き起こすことも。

一方、死亡例は少ないようです。

原因

その名の通り黄色ブドウ球菌という菌によって発生します。

この菌は広い環境に存在しています。

もちろん人の体にも。

このブドウ球菌、傷口だと非常に量が多くなります。

そのため手・指を怪我した状態で料理すると食中毒発生のリスクを高めることになってしまうのです。

治療

基本的には下痢止めは飲んではいけません。

経口補水液などで水分補給を行いながら症状の改善を待ちます。

脱水症状が強いようなら点滴も必要。

1日~2日で治るようです。

 

なーんとなくですが・・・

 

自然治癒できますね。

ですが、他の病気の可能性もあります。

症状がみられた場合は早めに病院を受診しましょう。

甘く見られがちな食中毒?

僕はこの食中毒について聞いた時

「もしかすると自覚症状のない人が多いのでは?」

と思いました。

なぜならこの食中毒の特徴

  • 症状が吐き気・嘔吐・激しい腹痛・下痢
  • 自然治癒可
  • 1~2日程度で治る
  • 死亡例は少ない

食中毒の中じゃ・・・

どうみたって軽い!

 

こんな症状僕かかったことあるんですよね。

半日くらいで治ったので

「何かに当たったんだろうな」

原因についてはあまり考えずに終わってました。

甘く考えられがちのように思えます。

でも食中毒は食中毒です!

場合によっては脱水症状など重症化することもあります。

『自分の場合』じゃなくて他の人のことを考えましょう。

特にお子さんや高齢者の方に料理を提供するならより厳しく!

冒頭で述べましたが、こどもや高齢者は大人と比較すると少ない菌で食中毒を発症します。

しっかり対策していきましょう。

一般的な予防方法

怪我をしていなくてもこの食中毒は発生します。

ということで一般的な予防方法を紹介します。

 

一言でいうと清潔を心掛けることが大事です。

食品を取り扱う際は必ず手をキレイに洗いましょう。

ベストなのは手袋を着用して料理すること。

画像は参考なので、こんなにピンクじゃなくていいです。

キッチン用のゴム手袋で十分だと思います。

着用する際、手に付着した黄色ブドウ球菌が手袋表面に付着する恐れがあります。

手袋を着用したらそのまま手を洗いましょう。

 

正直、家で料理するときは手袋着用までしなくても・・・と少し思います。

素手でもOKですが、料理する場合は必ず手をキレイに洗いましょう。

 

 

次に、もし手を怪我した場合の対処法です。

治るまで食品の取り扱いをしてはいけません。

治るまで待ちましょう。

 

 

と、ここまでは教科書に載っているような予防方法です。

「手を怪我したから今日は料理しません」

そんな融通利くこと少ないと思うんですよね・・・

そこで、僕なりに手を怪我した場合の対処法を考えました。

手指を怪我しても料理しなきゃいけないときは?

先ほど述べた予防方法にプラスします。

キズパワーパッド+手袋

です。

怪我した部位にキズパワーパッドを貼ります。

そして上から手袋を着用。

あとは手袋を着用したまま石鹸で洗えばOK。

キズパワーパッド自体が完全防水仕様で傷を覆います。

傷の治りが早くなります。

 

キズパワーパッドは指用(指巻用4枚・指関節用2枚)がオススメです。

指の関節に通常のキズパワーパッドを貼るとすぐに剥がれがちなんです。

でも指関節用を使うと曲げ伸ばししても全然剥がれません。

食器洗いなどをしているとさすがに剥がれてきますが・・・

手袋を着用して洗い物をするとかなり剥がれにくくなります!

 

手指を怪我した時はこれが最もオススメです。

ただし個人的な考えなので保証はできません。

自己責任でお願いします。

BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド 指用(指巻用4枚、指関節用2枚) 6枚 絆創膏

まとめ:手・指を怪我したら、治るまで無理をしないのが一番!

これにつきますね。

キズパワーパッド+手袋でも100パーセントとは言い切れません。

かなり完全防備だと思ってますが・・・

あまりにキズがひどい場合などは、無理せず外食やテイクアウトを利用するのが正しいと思います。

もしパートナーが無理をしていたら、この食中毒の話をしてやめさせるのも一つの手です。

 

ちなみにこの食中毒、飲食店関係で勤務した経験がある人は知っているはずです。

なぜなら

飲食店経営で必須な『食品衛生責任者』の資格で学ぶことです。

もし、飲食店で勤務経験があるのに知らなかった人は

お店の経営者が教育不足 or 慢心しているかのどちらかだと思います。

軽症で済むとはいえ、何度かそういうことがあるとお客さんも離れていきます。

 

ただ作るだけでなく、食中毒にも気を遣って楽しく料理していきましょう。

 

以上!

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-料理のマメ知識
-, , ,

© 2021 なおのひとまなびブログ Powered by AFFINGER5